「XM」をスタートする方法!口座開設・書類の提出・ボーナス獲得

初心者向け

海外FXで最もメジャーな「XM(XMtrading)」!

今回は、口座開設から確認書類の提出、ボーナスの受け取りまでを解説します。

FX会員登録は初めてだから不安・・・。

一人でやったけど、上手く行かずに諦めた・・・。

そんな方でもスムーズに進められるよう、できるだけ細かく載せています。

億万長者を目指すなら、今スグ「XM」を始めましょう。

「XM」で口座を開設する方法

「XM」の口座開設は簡単で、数分で完了します。

覚えておきたいポイントとして、基本的にアルファベットで入力します。

サイトが日本語表記であっても、日本語で入力するとエラーになってしまいますよ。

例を参考にして進めていってください。

手順①「XM」の口座開設ページへアクセス

まずはこちらをクリックして開設ページへ!

手順②「リアル口座の登録 1/2」ページへ入力

入力箇所は、個人情報・取引口座詳細です。

個人情報

  • 下のお名前:(例)Test
  • 姓:(例)Yamada
  • 居住国:Japan(リストから選択)
  • 希望言語:日本語(リストから選択)
  • 電話:(例)+818012345678(「+81」は日本の国番号、最初の0を省略)
  • Eメール:(例)test@gmail.com(一人につき一つしか登録できない)

取引口座詳細

取引プラットフォームは「MT4」がおすすめですが、好みで構いません。

口座タイプに関しては、FX自体が初めてという方は「マイクロ(1lot=1,000)」のほうが取引しやすいでしょう。

  • 取引プラットフォーム:(例)MT4(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD)
  • 口座タイプ:(例)スタンダード(1lot=100,000)

手順③「リアル口座の登録 2/2」ページへ入力

入力箇所は、個人情報・住所詳細・取引口座詳細などです。

名前部分のみ、全角カナ表記なので注意してください。

のちほど本人確認書類を提出するので、情報に誤りがないことを確認しましょう。

個人情報

  • 下のお名前(全角カナ表記):(例)テスト
  • 姓(全角カナ表記):(例)ヤマダ
  • 生年月日:(例)1990年1月1日(リストから選択)

住所詳細

  • 都道府県:(例)Tokyo
  • 番地・部屋番号:(例)123-1-2-3(部屋番号、番地の順)
  • 郵便番号:(例)1234567(ハイフン不要)
  • 区町村・町名:(例)Nakano
  • 納税義務のある米国市民ですか?:(例)いいえ

取引口座詳細

  • 口座の基本通貨:(例)JPY(受け取りたい通貨を選ぶ、円ならJPY)
  • レバレッジ:(例)1:888(口座開設後にも変更可能)
  • 口座ボーナス:(例)はい、ボーナスの受け取りを希望します(いいえにすると、ボーナスが受け取れなくなる)

投資家情報

  • 投資額(USD):(例)0-20,000(他を選択すると、最大レバレッジが制限される)
  • 取引の目的及び性質:(例)投資
  • 雇用形態:(例)被雇用者
  • 職種:(例)ソフトウェア開発
  • 学歴:(例)学士(最終学歴を選択、大卒なら「学士」)
  • 所得総額(米ドル):(例)50,000未満(USドルに換算して選択、大体でOK)
  • 純資産(米ドル):(例)50,000未満(USドルに換算して選択、大体でOK)

口座パスワード

パスワードは「XM」発行ではないので、忘れないようにしましょう。

  • 口座パスワード:(例)Test1234(大文字、小文字、数字の3種類を使用した8~15文字)
  • パスワードの確認:(パスワードを再度入力)
  • 確認:チェックボックスにチェックを入れる(利用規約を確認)

すべて入力し終わったら、「リアル口座開設」をクリックします。

手順④メールアドレスの確認

登録済のメールアドレスに、「XM」からメールが届きます。

(※メールが届かない場合は、迷惑メールに振り分けられている可能性があります。)

本文内の「Eメールアドレスをご確認下さい」をクリックします。

有効期限は24時間なので、気づいたら早めにクリックしましょう。

手順⑤IDとサーバー情報の発行

「Eメールアドレスをご確認下さい」をクリックすると、別途「XM」からメールが届きます。

内容は、MT4(またはMT5)のIDとサーバー番号です。

こちらの情報でマイページへログインするので、削除しないように気をつけましょう。

「XM」へ本人確認書類を提出

「XM」口座開設手続きが終わったら、書類を提出しましょう。

現時点では本人確認が取れていないので、取引はできません。

この部分は、トレードを開始するための重要な手順なのです。

なお、スマホで撮影した画像でもOKなので、サクッと終わります。

必要な書類例

身分証明用には、顔写真付きの書類が必要です。

例えば、

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • パスポート

などがあれば問題ありません。

住所確認用には、

  • 健康保険証
  • 住民票
  • 公共料金の請求書・明細書

などを用意します。

2種類の書類を、スマートフォンで撮影・スキャナーまたはコンビニでPDF化しましょう。

手順①「XM」マイページへログイン

MT4(またはMT5)のIDとサーバー番号、パスワードを入力します。

手順②「こちらより口座を有効化する」をクリック

ログインすると、「こちらより口座を有効化する」が表示されるのでクリックします。

手順③画像をアップロード

身分証明書と住所確認書それぞれをアップします。

「参照」ボタンを押して、画像を選択しましょう。

最後に「書類をアップロードする」ボタンをクリックします。

アップロードしてから1営業日ほどでメールが届き、口座が有効化されます。

なぜか承認されない?

画像を提出しても、承認されない場合があります。

例えば、

  • ぼやけていて、文字が見えない
  • 光が反射して見えない
  • 有効期限が切れている
  • 住所などが一致していない

などが原因です。

もしも何か不備があれば「XM」からメールが届きます。

指示に従い、再提出・追加書類提出を行いましょう。

「XM」ボーナスを受け取る方法

「XM」では、口座開設だけで3,000円のボーナスがもらえます。

ただ、いくつかステップを踏まないといけないですし、期限(30日)があります。

口座が有効化されたら、さっそくボーナスを受け取りましょう。

手順①「XM」マイページへログイン

手順②「今すぐボーナスを請求」をクリック

手順③携帯番号の確認

口座開設時の電話番号を入力します。

なお、本人確認をするためのものなので、携帯にメッセージが届く訳ではありません。

「認証コードを電子メールに送付」をクリックします。

手順④コードを入力

登録したメールアドレスにコードが届きます。

コードを入力したら、「確認」をクリックします。

そうすると、「口座開設ボーナスの請求が完了しました。」と表示されるはずです。

ボーナスは何に使う?

ボーナスは出金できません。

もちろん、ボーナスを使ってトレードして得た利益は出金可能です。

海外FXが初めてという方は、「XM」ならではの888倍レバレッジを試してみてはいかがでしょうか。

損失しても痛くないですし、もし成功すれば一気に利益が膨らむでしょう。

せっかくのボーナス、活用してみてください。

まとめ

「XM(XMtrading)」の始め方についてまとめました。

口座開設時に必要なものはメールアドレスだけで、数分で申し込みができます。

入力する情報が多いと感じるかもしれませんが、サンプルを見ながら進めれば簡単なはずです。

ログイン情報をゲットしたら、本人確認書類を提出しましょう。

スマホで撮影したデータなどをアップロードするだけです。

口座が有効化されたら、ボーナス申請を忘れずに。

30日以内であれば、3,000円をもらえます。

さあ、最大レバレッジ888倍の「XM」投資をスタートさせましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました