【XM】元本割れしたくない!過去例とポイントを解説 

初心者向け

XM(XMtrading)に限らず、FXは元本保証がされていない投資です。

そのため、残念ながら元本割れが起きることもあります。

特に為替の勉強をあまりせずFXを始めた初心者は損失が大きくなりやすく、すぐに退場する可能性が高いです。

また、XMにハマり、口座残高が少なくなると何度も入金を繰り返す人がいます。

そこで今回は、自分の資産を守るために知っておきたい情報を紹介します。

意図せず元本割れが続出した例や、元本割れしないためにできることを頭に入れておきましょう。

そもそも元本割れとは?

まずは「元本割れ」の概念をおさらいしましょう。

FXに元本保証はありません。

「元本」とは、元手となるお金のこと。

つまり「元本割れ」とは準備したお金より下回ることを指します

ある意味、FX取引を始めた段階でスプレッド幅があることから、マイナススタートです。

ただしこの段階を元本割れとは言いません。

含み損や評価損益などと呼びます。

含み損を抱えたままポジションを決済すれば、元本割れです。

まずあり得ませんが、ポジションを購入したあとすぐに決済をすれば、スプレッド幅で元本割れが発生するというわけです。

それなら元本割れしないためにも、「含み損を抱えているときは決済しなければいい」と考える人もいます。

しかしこれは危険な考え方です。

「いつか上がる(下がる)」という考え方につながります。

証拠金維持率を下回れば、ポジションは強制的に決済されてしまい、元本割れです。

これを防ぐためには入金しなければいけません。

元本割れしないことを目標にした結果、上がるか確信もできないポジションに追加投資をします。

中には、お金を無理して捻出する人もいるかもしれません。

元本割れしないのはXMでも大切なことですが、時に勇気ある撤退も必要です。

失敗を認め次の取引に生かしましょう。

絶対に無理な資金繰りは止めましょう。

XMは余剰資金で取引をする投資です。

元本割れを起こしても次につながる負け方ならば問題ありませんが、自分の人生を賭けるのは避けるべきです。

元本割れが続出した!?3つの過去例

過去には元本割れが続出した相場もあります。

強いファンダメンタルズ(国の経済状態を表す要因)が発生すると、相場は大きく乱高下するかもしれません。

そうなればポジションが次々にロスカットされていきます。

頻繁に起こるものでもありませんが、XMで取引をするうえでもっとも気を付けなければいけない状況です。

参考として、元本割れが続出した状況を確認しておきましょう。

スイスショック

FXの知識があれば、スイスフランと聞いただけで「スイス(SNB)ショック」をイメージするかもしれません。

発生したのは2015年1月15日です。

数十分の間に、1ユーロ1.20だったレートが0.86まで急落をしました。

ドル円で言えば、100円から66円に数十分で変わることと同じです。

これだけ動けば元本割れしないわけがありません。

元本割れどころが、ロスカットが間に合わず、残高がマイナスになるスピードです。

スイスフランは安全資産に見られていることから、スイスフランショックの発生は多くのトレーダーを驚かせました。

大損をした人もいれば陰で稼いだ人もいます。

「スイスショック」の理由は為替介入の撤廃です。

スイス国立銀行は、景気対策のため無制限で為替介入(為替当局が外国為替市場に影響を与える目的で為替の売買する)を行っていました。

これにより、スイスフランは1.20フランを保っていたのです。

約3年にわたり続けていたこの介入を突如撤廃したことで「スイスショック」が発生しました。

世界中がロスカットだらけです。

FXを続けられないほどの仕打ちを受けた人もいました。

元本割れはこのような経済指標によって意図せず起こります。

チャイナショック

2015年は中国を震源とした「チャイナショック」が起きた年でもあります。

「チャイナショック」とは中国を中心に、世界の金融市場が大きく混乱をした出来事。

世界第二位の経済大国となった中国が景気失速の懸念を受け政策変更を掲げたことから人民元と中国株の急落を引き起こしました。

それにより、世界中の為替相場が急変したのです。

コロナショック

最近で言えば、「コロナショック」も元本割れの要因にあげられます。

「これから日本はリーマンショックよりも大きな経済の冷え込みが発生する」と解説する人もいました。

2020年、新型コロナウィルス感染症の影響は世界中に広がっています。

経済が成り立たない国が出てきたら、一気に動くこともありえます。

日本円もいつどうなるか分かりません。

ちなみに東日本大震災の発生直後は為替に影響はでませんでした。

しかし、発生から数日経ったあと円が急騰したのを覚えています。

政府は10年ぶりに協調介入を行い急激な円高を阻止したのです。

日本で発生した震災で円がどうして急騰したのか、当時は分かりませんでした。

今も憶測で話が出ています。

ただこれにより、元本割れを起こした人もたくさんいることは事実です。

「コロナショック」により、為替レートがどのように動くかはまだ予想できません。

XMで元本割れしないためのポイント

それでは、XMで元本割れしないためにできることを解説します。

レバレッジを低くする

元本割れしないためにも、レバレッジを低く設定しましょう。

XMの最大の魅力はレバレッジ888倍。

高いレバレッジは少ない証拠金から始めることができるので、トレーダーにとって大きな利点があります。

しかし、諸刃の剣ということを忘れてはいけません。

レバレッジの高さが急激に動くレートに対し、大きなマイナスを生むこともあります。

そうなればロスカットされ強制的に元本割れです。

元本割れしないためにはレバレッジを2倍〜3倍へ変更してください。

XMのマイページから簡単に変更できます。

変動が予想されるときだけでもレバレッジを低くし、急激な変動に耐えられるようにしましょう。

証拠金のため資金が普段より必要になりますが、何が起きるか分かりません。

2020年から2021年にかけてレバレッジを抑えめにしておけば、退場にならずに済むかもしれません。

ゼロカットシステムの有効活用

XMのゼロカットシステムも有効活用してください。

「レバレッジを低くするなら国内業者でもいいのでは?」と考える人もいるはずです。

しかし、それは間違っています。

国内業者にはゼロカットシステムが採用されていません。

XMは万が一に備えゼロカットシステムが活用できる業者です。

元本割れしないのを目指すのも当然ですが、最悪の結果を招かないようにしておくことも大切ではないでしょうか。

ゼロカットシステムがあれば、マイナス分の債務を支払う必要はありません。

ゼロカットシステムを有効に活用するためは、XMで複数の口座を開き、資金管理を別にしておく手段がおすすめです。

XMのゼロカットシステムは一つの口座のみで発生します。

他の口座に影響は出ません。

元本割れは、全体の資金で考えましょう。

一つの口座が元本割れからマイナスになっても他の口座でプラスがあれば、結果的に元本割れしていないと同じです。

まとめ

XM(XMtrading)はその時々に考慮した有効な勝ち手段を駆使して利用をしましょう。

「スイスショック」や「チャイナショック」のように、いつ為替が急激に変動をするかわかりません。

2020年のコロナショックは未知の領域です。

レバレッジを低くし、ゼロカットシステムを有効に活用する準備をしておけば、元本割れを防げるでしょう。
↓今回のおすすめ書籍↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました