XMからMac版MT4・MT5をインストールする!トラブル解消方法も

初心者向け

XM(XMtrading)には、Mac版のMT4・MT5が用意されています。

具体的にどうやってインストールすればいいの?

インストールはできたけど、なぜか開けない・・・。

日本語設定にしたら文字化けしちゃった!

今回は、XMからのインストール手順とよくあるエラーの対処方法について解説します。

手順に沿って、実際に動かしてみましょう。

MacへMT4・MT5をインストールする方法

まずはMacへXM版のMT4(またはMT5)をインストールする方法法を紹介します。

作業自体は数分で完了します。

なお、MT4(またはMT5)口座どちらで口座開設したかを必ず確認してください。

手順①XM公式サイトへアクセス

手順②プラットフォームをクリック

メニュー上部の「プラットフォーム」をクリックします。

手順③Mac対応をクリック

「Mac対応MT4」または「Mac対応MT5」をクリックします。

口座開設時に選択したほうを選びます。

異なる口座をインストールして使おうとしても、ログインできません。

手順④「ダウンロード」をクリック

MT4・MT5の紹介ページが表示されます。

少し下へスクロールすると、赤い「ダウンロード」ボタンが表示されるのでクリックします。

手順⑤インストール

インストーラーがダウンロードされるので、ダブルクリックします。

「XMtrading」のアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップします。

(ファイルが大きいので、数分かかる可能性があります。)

これでMac版のMT4・MT5のインストールは完了です。

MacでMT4・MT5を起動する方法

MacへのMT4(またはMT5)をインストールできたら、さっそく起動してみましょう。

気をつけたい部分は、アプリを開く時(手順③)です。

エラーが出てしまうことが多いので、対処方法も合わせて確認してください。

手順①アプリケーションフォルダから選択

アプリケーションフォルダ内に「XMtrading」と書かれたアプリが入っているはずです。

もし入っていなければ、インストールを再度行ってください。

手順②右クリック

アプリの上で右クリックをし、「開く」をクリックします。

※ここでダブルクリックをしてしまうと、

開発元が未確認のため開けません。

とエラーが出てしまいます。

必ず右クリックしましょう。

手順③「開く」をクリック

初回起動時には、

開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?

との警告が表示されます。

「開く」をクリックしましょう。

この手順を踏めば、次回より警告は表示されなくなります。

また、ドックに入れておくか、エイリアス(ショートカット)を作成してデスクトップ上に置いておくと便利です。

よくあるエラー!「開発元が未確認のため開けません。」と表示される

MacでMT4(またはMT5)を開く時に、「開発元が未確認のため開けません。」とエラーが出るときがあります。

なぜこの表示が出るかと言うと、セキュリティの関係です。

簡単に言えば、MacがMT4(またはMT5)のアプリを怪しいと判断し、開けないようにしているのです。

3つの対処方法を解説します。

対処方法①「control」キーを押しながらアプリを開く

もっともおすすめなのが、こちらの方法です。

アプリケーションを「control」キーを押しながらクリック→「開く」をクリックします。

こうすると、セキュリティ設定の例外として保存されます。

次回からも問題なく開けます。

対処方法②「セキュリティとプライバシー」から設定する

こちらの方法では、Macの「システム環境設定」を変更します。

セキュリティが悪化してしまうので、できれば①を行ってください。

「システム環境設定」→「一般」タブをクリックします。

「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」→「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

もし選択できない場合はロックされています。

左下にある鍵マークをクリックし、パスワードを入力すれば変更できます。

しかし、この「すべてのアプリケーションを許可」を選択することにより、まさしく全部のアプリが開けます。

対処方法③再インストール

対処方法①・②を試しても起動できないようであれば、再度インストールしたほうが良いでしょう。

Macからアプリを削除し、先述のインストール方法(XM公式サイトへのアクセスから)をやり直します。

MacでMT4・MT5へログインする方法

MacでMT4(またはMT5)の起動に成功したらログインしてみましょう。

MT4(またはMT5)のサーバー・ログインID・パスワードが必要です。

口座開設時に届いたメール(タイトル:XMtradingへようこそ)を用意しましょう。

MT4(またはMT5)初期設定では英語表記になっていますが、あとから日本語へ変更可能です。

流れに沿って、ログインと言語変更を行ってください。

手順①サーバーを選択する

サーバー一覧が表示されます。

自分のサーバー名を選択→「Next」をクリックします。

手順②口座番号・パスワードを入力する

  • Login:ログインID
  • Password:パスワード

をそれぞれ入力します。

「Finish」をクリックします。

ついでに言語を英語から日本語へ直しておくとよいでしょう。

メニューの「View」を開きます。

「Language」→「Japanese」を選択しましょう。

「Restart」をクリックすると、自動で再起動になり、日本語に変更されているはずです。

よくあるエラー!日本語が文字化けしている

MT4・MT5で日本語表記に変えたはいいけれど、メニューやポップアップが文字化けになっている・・・。

そんなケースが多いようです。

対処方法を解説します。

対処方法①「EasyWine」を使う

使用するソフト「EasyWine」は有償(100円)です。

(※無料でも文字化けは修正できますが、手間と時間がかかるのでこちらをおすすめします。)

「EasyWine」の購入後、最新版をダウンロード・インストールします。

途中で「Wine Gecko」、「Wine Mono」のインストールが必要になります。

画面表示に沿ってインストールしてください。

インストールが終了したら、「XMtrading」アプリをクリック→「パッケージの内容を表示」をクリックします。

/Contents/Resources/wineprefix/drive_c/Program Files/XM MT4

のフォルダ内に「terminal.exe」があります。

「terminal.exe」を右クリック→「このアプリケーションで開く」→「その他」→「EasyWine」をクリックします。

「常にこのアプリケーションで開く」にチェックをし、エイリアス(ショートカット)を作成しておきましょう。

参考:EasyWine – ヒルボカリ – BOOTH

まとめ

XM(XMtrading)が公開しているMac版のMT4・MT5についてまとめました。

作業はそれほど難しくありません。

紹介した手順に沿って、XM公式サイトからインストール→起動→ログインまで行ってみましょう。

注意点は2点です。

  • 「開発元が未確認のため開けません。」と表示されたときは「control」キーを押すこと
  • 文字化けの際は「EasyWine」を経由すること

スムーズにトレードをするため、MacでMT4・MT5を使えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました