XMと国内業者の違いとは?メリット・デメリットまとめ

初心者向け

FXを行っている方、こんな風に悩んでいませんか?

国内業者は25倍まで、チマチマ稼ぐしか無いのかな・・・。

追証が怖くて、勝負に出られない・・・。

軍資金が増やせたらいいのだけど・・・。

それなら、海外業者「XM(XMtrading)」がおすすめです。

「XM」は他国の通貨を売買することで利益を出す、という基本的な仕組みは変わりません。

しかし、稼ぎやすさが段違いなんです。

この記事では、国内業者との違いとあわせて、メリット・デメリットを紹介します。

素早くお金持ちになりたいなら、「XM」を今スグ始めましょう。

メリット①レバレッジ最大888倍

「XM」の最大の特徴、それはレバレッジの高さ(ハイレバ)!

少額投資でも大きなリターンを見込めるので、最短で億万長者になれるのです。

国内業者では最大25倍までと設定されていますが、海外業者では100倍を超えることも珍しくありません。

その中でも人気が高まっている「XM」は、最大888倍!

その違いは歴然です。

例えば、投資金額を10万円用意し、取引可能金額を見てみましょう。

  • 国内(25倍):250万円
  • 海外(100倍):1,000万円
  • 「XM」(888倍):8,880万円

同じ10万円なのに、こんなにも運用金額で差が出るのです。

「XM」は、効率よく稼ぎたい方にぴったりです。

メリット②追証無し

「XM」はゼロカットシステムを採用しています。

メリット①のレバレッジが高いというのは、デメリットでもありますよね。

もし暴落した際、口座残高が大きなマイナスになるかもしれません。

国内業者では、損失を出してしまうと「追証(追加保証金)」が請求されます。

最悪の場合、借金生活の始まりです。

この点が、FXの怖さと言えるのではないでしょうか。

しかし、「XM」では追証がありません。

マイナス100万円になったとしても、口座残高はゼロにリセットされるだけ。

「XM」はトレーダーの生活を守るため、安心して挑戦できます。

メリット③豪華なボーナス

「XM」では、とにかくボーナスが豊富です。

  • 新規口座開設で3,000円相当付与
  • 初回入金の100%相当付与(最大$500)
  • 追加入金20%相当付与(最大$5,000)

など、運用資金がコツコツと増えていきます。

ボーナスを出金することはできませんが、ボーナスを使って稼げた分はもちろん出金できます。

さらに、「XMTRADINGロイヤルティプログラム」という特殊なサービスを受けられます。

取引ごとにポイントが貯まっていき、証拠金として換金可能!

レベルが4種類あり、段々とグレードアップしていきます。

  • Executive:10XMP/ロット
  • Gold:13XMP/ロット、Executiveレベルスタートから30日後
  • Diamond:16XMP/ロット、Executiveレベルスタートから60日後
  • Elite:20XMP/ロット、 Executiveレベルスタートから100日後

国内業者でもキャンペーンは行っていますが、ここまで豪華ではありません。

「XM」だからこそ、お得にトレードできるのです。

メリット④執行率100%

「XM」は、約定力がトップレベルです。

公式サイトでも、

  • 全取引の99.35%が1秒以下で執行
  • 執行率100%注文拒否なし

と表記されています。

口コミでも、

「どんなときでもサクサク!」

「リクオートも無い!」

と大好評。

実は「XM」では、「NDD方式」という取引方式を導入しています。

「No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)」の略で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが入りません。

そのため約定スピードが速く、透明性が高いのです。

一方、国内では「DD方式」が主流です。

トレーダーとインターバンクの間にディーラーが入るため、注文を流すタイミングはディーラー次第です。

残念ながら、顧客に損させようと考える業者もあります。

「XM」は、注文した分だけ、きちんと処理されるのです。

メリット⑤「MT4」と「MT5」に対応

「XM」では、プラットフォーム「MT4」と「MT5」に完全対応しています。

正式名称は「MetaTrader 4」・「MetaTrader 5」、世界的に人気のFXツールです。

  • EA(自動売買)
  • インジケーター
  • ワンクリック注文
  • 両建て

など、高機能。

PCだけではなく、スマホ・タブレットにも対応しているのも高ポイントです。

億トレーダーであれば、どちらかを使っていると言われるほどです。

一方、国内業者では独自ツールを展開しています。

口座開設から使い方を覚え、独特なルールも頭に入れなければいけません。

「XM」では、「MT4」と「MT5」対応で勝ちやすくなるんです。

「XM」のデメリット

「XM」についてメリットを把握した上で、デメリット4点も確認しましょう。

もちろんリスクもあるのですが、魅力の方が大きいことが分かるはずです。

デメリット①スプレッドは普通

「XM」は、スプレッドはどちらかと言うと狭くありません。

  • ドル/円:平均1.8pips
  • ユーロ/円:平均2.5pips
  • ポンド/円:平均4.0pips

一方、国内業者は通貨ペアによって0.3pips・1.0pipsなどと狭く、優位性を感じるでしょう。

スキャルピングやEAメインの方は、「XM」より国内業者のほうが向いているかもしれません。

デメリット②資金を失いやすい

「XM」はハイレバだからこそ、資金がゼロになりやすいという点が挙げられます。

レバレッジが高いと大きなポジションを持てますが、一瞬で投資資金を溶かすことにも。

最大888倍までかけられますが、倍率のコントロールは忘れずにしましょう。

国内業者は最大25倍までですから、失う金額はまだ抑えられます。

「XM」の高レバレッジは、諸刃の剣なのです。

デメリット③出金・送金に手数料

「XM」は海外業者のため、出金・送金に手数料がかかる場合があります。

利用銀行によりますが、送金10万円で手数料が数千円取られるのは覚悟しましょう。

コストを抑えたいなら、bitwalletがおすすめです。

手数料は無料で、即時反映されますよ。

国内業者では、手数料無料、即時反映が一般的です。

「XM」で手数料が加算されるのが避けたいのなら、bitwallet一択です。

デメリット④完全信託保全ではない

「XM」は完全信託保全ではありません。

完全信託保全は、顧客の全資金を金融機関に預けて管理する方法です。

万が一「XM」が倒産した場合、全額返金されるとは限らないのです。

なお、顧客資金と経営資金は分けて銀行に管理しているので、ある程度は安全かと思われます。

国内業者は信託保全が義務化されており、その点では心配ないですよね。

もしものとき、「XM」がどんな対応をしてくれるのか不明ではあります。

まとめ

一攫千金を狙うなら、「XM(XMtrading)」がイチオシです。

メリットは以下の5点です。

  • メリット①レバレッジ最大888倍
  • メリット②追証無し
  • メリット③豪華なボーナス
  • メリット④執行率100%
  • メリット⑤「MT4」と「MT5」に対応

国内業者よりも、さらに稼ぎやすい環境なのです。

もちろん良い面ばかりではありません。

スプレッドは狭くない・資金はゼロになりやすい・別途手数料がかかってしまうなどの面も。

ですが、それ以上にメリットが大きいため、利用者数が全世界で100万人を超えています(2019年現在)。

「XM」を選べばスピーディーに資産を増やせる、だからこそ大人気なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました