【XM】リアル口座・デモ口座の退会(解約)方法!手続前のポイントも解説 

初心者向け

海外FX業者XM(XMtrading)はトレーダーに人気です。

ですが、自分に合っていなければ「退会したい」と考えるのも自然でしょう。

「資金が尽きてしまった・・・。」

「他の海外FX業者に乗り換えたい・・・。」

「長期間取引していない、FX自体やめようかな・・・。」

今回はXMの退会(解約)方法や退会前に確認しておきたいポイントなどを紹介します。

スムーズにXM口座を停止するためにチェックしてください。

XMを退会する前に確認しておきたいポイント

XMでのトレードを「辞めよう」と思った理由はさまざまでしょう。

しかし、手続を行う前に、本当にXMを退会して「後悔しないか?」「困らないのか?」確認することをおすすめします。

ポイント①証拠金・ボーナスは残っていない?

XMの口座に証拠金が残っている場合は退会手続き中にエラーが発生します。

指定銀行に出金するか、別の口座(FX業者)に資金移動しましょう。

もしボーナスが残っていても消滅してしまいます。

せっかくためた利益やボーナスを無駄にしないよう、あらかじめ確認してください。

また、出金処理中は退会(解約)ができません。

最後の出金(送金)処理から24時間経過している必要があります。

XM口座に残高が残っているなら、すぐに退会できないことを知っておきましょう。

ポイント②ポジションを保有していない?

XMではポジションを保有している場合、解約・退会はできません。

ちなみにポジションの決済から24時間以上経過していないと退会処理が行われません

ポジションを持っているかどうか確認したい場合は会員マイページにログインします。

「オプションを選択する」→「保有ポジション」から現在保有中のポジション・予約注文を確認できます。

ポイント③取引履歴書はダウンロードした?

XMで一度でも取引したなら、取引履歴書をダウンロードしておきましょう。

FXによる利益(損失)は確定申告しなければいけません。

退会後にはMT4・MT5にログインできなくなるので、データを確認できません。

パソコンから取引履歴書をダウンロードします。

(※スマホから閲覧はできますが、ダウンロードは不可です。)

XMの取引履歴書をダウンロードする手順は以下の通りです。

  1. XMのMT4(またはMT5)にログイン
  2. ターミナルの「口座履歴」→「期間のカスタム設定」を選択
  3. 期間を設定(2019年の場合は、2018年1月1日から2018年12月31日までの1年間)
  4. 「OK」をクリック
  5. 右クリックをし、「レポートの保存」をクリック
  6. 「確定申告」が必要かチェック

ファイル下部の「Closed Trade P/L」が、確定損益金額です。

給与取得者で20万円、給与取得者以外は38万円を超えていると確定申告が必要です。

ポイント④デモ口座の資金残高がなくなった?

もしXMのデモ口座の資金が0円になったから「退会したい」と考えているなら、ちょっと待ってください。

XMデモ口座は最大5つまで同時に作ることができます

しかも1つのメールアドレスで5つまでなので、Gmailやヤフーメールなどのフリーアドレスを活用すれば実質無制限です。

「デモ資金がなくなった」・「口座タイプを変更したい(間違えた)」だから、「退会」する必要はないのです。

レバレッジ変更やEA(自動売買プログラム)のテストなども同様で、わざわざXMを解約しなくてもいいです。

XMでデモ口座の複数口座を持ち、無料で練習を行いましょう。

XM会員を退会する方法

XMの会員退会はとっても簡単で、2分程度で終わります。

会員マイページから取引口座解約のボタンをクリックしていくだけです。

XMの会員を退会する具体的な手順を紹介します。

  1. XM会員ページにログイン
  2. 「マイアカウントの概要」→「オプションを選択する」をクリック
  3. 「口座を解約する」→「取引口座を解約する」をクリック
  4. XMから届くメール内の「取引口座を解約する」をクリック
  5. 再度「取引口座を解約する」をクリック

XM複数口座を一気に解約する方法

XMは1アカウントにつき最大8つまで複数口座を運用できます。

会員退会するにはひとつひとつ口座を解除(削除)するのですが、いくつもあると面倒ですよね。

そんなときは口座凍結を使って退会(解約)しましょう。

XM複数口座を一気に解約する具体的な手順を紹介します。

  1. XMの口座残高を0円にする
  2. 90日間取引せず、放置する

口座残高があり、取引がされていない口座は月5ドルの口座維持手数料が発生し、自動的に引き落とされます。

この状態では休眠口座とみなされます。

しかし、XMの口座残高が0円になると口座凍結、事実上の退会(解約)と判断されます。

3〜4個以上の口座を持っている方は、放置からの口座凍結のほうが手数料も少なく済み、楽だと感じるでしょう。

XMニュースレターを停止する方法

XMでデモ口座・リアル口座を登録するとニュースレター購読になります。

口座解約をしてもメールは届くので「迷惑メール」「うっとうしい」と思うでしょう。

XMニュースレター購読を停止する具体的な手順を紹介します。

  1. XMのサポートに連絡する
  2. 口座ID・ニュースレター停止希望の旨を伝える

XMメール(support@xmtrading.com)は平日24時間、ライブチャットは平日9時~17時対応です。

XMデモ口座を解約する方法

XMデモ口座の解約方法はリアル口座と異なります。

会員マイページではなく、XMサポートに連絡するだけです。

XMデモ口座を解約する具体的な手順を紹介します。

  1. XMのサポートに連絡する
  2. 口座ID・デモ口座解約の旨を伝える

メール(support@xmtrading.com)は平日24時間、ライブチャットは平日9時~17時対応です。

今後もXMを使わないようなら、ニュースレターの停止希望も合わせて伝えておきましょう。

デモ口座自体は閉鎖されますが、メールアドレスは登録されたままになっているためです。

XM退会を取りやめる方法

XM退会の手続きを進めていたけれど、「やっぱりXMを続けたい!」と思った時はどうすればいいのでしょうか。

もうキャンセルできないのでしょうか。

複数の口座を持っていて、口座の解約をしているときはすぐに処理されてしまいます。

しかしXMの退会は口座解約から24時間経過するまで決定ではありません。

思い直したときはできる限り早く、XMにログインしましょう。

24時間以内であれば退会を中止(取りやめ)できます

慌てて退会取りやめをしなくてもよいよう、退会手続きの前に「本当に問題ないのか?」と考えたほうが無難です。

まとめ

海外FX業者XM(XMtrading)を使っていて退会(解約)したいと思ったら、すぐにできます。

ただ、手続き前に資金・ボーナスの出金や取引履歴書をダウンロードしておかないと困ることになります。

先に確認しておきたいポイントはこちら。

  • ポイント①証拠金・ボーナスは残っていない?
  • ポイント②ポジションを保有していない?
  • ポイント③取引履歴書はダウンロードした?
  • ポイント④デモ口座の資金残高がなくなった?

問題無いようなら手続きに入りましょう。

リアル口座の場合は会員マイページから、デモ口座の場合はXMサポートの連絡で行います。

もし「やっぱりXMでトレードしたほうがいいかも・・・。」と感じたときは手続きから24時間以内にログインしてください。

XMを退会(解約)するのは簡単ですが、後悔しないように気をつけてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました