【XM】CFD銘柄もロイヤルティプログラムでXMP(ポイント)がもらえる? 

中級者向け

XM(XMtrading)で取引するとロイヤルティプログラムでXMP(ポイント)を獲得できます。

では、FX通貨ペアではなくCFD銘柄を選んだ場合も同様に貯まるのでしょうか?

結論から言うと貯まります。

XMロイヤルティプログラムってなんだっけ?

取引してるのにXMPがもらえなかったかも・・・。

効率的にXMPが貯まるCFD銘柄はどれ?

今回はXM(XMtrading)ロイヤルティプログラムのCFD銘柄に注目しました。

XM特有のボーナス制度を用いて、CFD銘柄をお得に取引しましょう。

XMロイヤルティプログラムの基礎知識

まずはXMロイヤルティプログラムについておさらいしましょう。

ステータスのランクが4種類あり、ランクによって取引量ごとの付与ポイントが変わります。

  • Executive:10XMP/ロット
  • Gold:13XMP/ロット、Executiveレベルスタートから30日後
  • Diamond:16XMP/ロット、Executiveレベルスタートから60日後
  • Elite:20XMP/ロット、 Executiveレベルスタートから100日後

XMPが付与される条件はリアル口座で解説しているトレーダーです。

往復取引で1とカウントされ、自動的に付与されます。

XMロイヤルティプログラムのメリット

XMロイヤルティプログラムで獲得したXMPを利用してトレードしたり、他の口座へ移したりできます。

自己資金が少なくてもXMPでカバーし、より多くの取引が可能ということです。

Diamond以上のランクになれば、XMPを現金化、出金するのも一つの手です。

XMロイヤルティプログラムは他のボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス)とは異なり、上限金額が設定されていません。

取引をする限り半永久的に貯まっていくものなので、トレーダーとしては助かります。

ステータスを最短で上げたい場合はマイクロ口座の最小ロットで100日間ポジションを保有しましょう。

逆に、一定期間取引しないとボーナスが消滅し、ステータスがExecutive(最低ランク)に戻ってしまうので気をつけてください。

XMで取引するなら、XMロイヤルティプログラムのメリットを最大限に活用しましょう。

XMロイヤルティプログラムでXMPが付与されない理由

基本的にトレードしていればXMロイヤルティプログラムのXMPが貯まります。

しかし一部XMPが貯まらない場合があり、主にふたつの理由が考えられます。

確認してみましょう。

理由①10分以内に決済されたトレード

XMPが付与されない理由のひとつが注文(エントリー)から10分以内に決済されたトレードです。

公式サイトでも以下のように記載されています。

XMTradingポイントは、スタンダードロットのお取引一往復毎に、そのポジションを10分より長く保有いただくと獲得頂けます。

注)ポジションの保有が10分以下の場合、XMTradingポイント付与の対象外になることをご了承下さい。

XMTradingボーナスプログラム

デイトレードなど超短期売買で10分以内で決済するケースではXMPが獲得されないということを頭に入れておきましょう。

理由②ゼロ(Zero)口座でのトレード

XMPが付与されないもうひとつの理由として、ゼロ(Zero)口座でのトレードが挙げられます。

ゼロ(Zero)口座では決済時間に関係なく一切貯まりません。

どれだけ取引を重ねてもXMPは0です。

どうしてもスキャルピングをやりたい時以外はスタンダード口座またはマイクロ口座を選ぶのがおすすめです。

XMロイヤルティプログラムはCFD銘柄も対象

XMロイヤルティプログラムはFX通貨ペアだけでなく、CFD銘柄も対象となります。

ただ、CFD銘柄には通貨単位という概念がなく、若干付与されるポイントが変わります

大まかな目安としては、必要証拠金10万円あたりの取引が10万通貨と同じ還元率です。

例えば、ダウ平均(US30)ならば3ロット取引をしてFX通貨ペア1ロットと同じXMPが貯まる計算です。

違い①ステータス制度は適用されない

先述の通り、CFD銘柄の取引でもXMPがもらえます。

注意点として、FX通貨ペアとは違い、XMロイヤルティプログラムのステータス制度が適用されません。

ステータスごとに付与されるXMPが変わるのではなく、一定付与なのです。

FX通貨ペアとは違うので、「思ったより少ない・・・。」と感じるかもしれません。

ただ、他の海外FX業者はXMロイヤルティプログラムのような無条件でポイントを付与する制度を導入していません。

FX通貨ペアと同様にCFD銘柄もXMPがもらえるだけでも十分ありがたいことなのです。

違い②10XMPを獲得するロット数

CFD銘柄ごとに10XMPを獲得するために必要なロット数が変わります。

2020年5月現在の情報を必要ロットの少ない順に並べたので参考にしてみてください。

最新情報が知りたい場合はXM公式規約のPDF(7ページ目)を確認するかもしくはXM公式サポートにお問い合わせください。

XM公式サイト規約:XMTrading – Terms and Conditions Loyalty Program

株式指数一覧表

日経225やダウ平均などの株式指数CFD一覧表です。

  • Wall Street 30:5
  • Italy 40:6
  • China A50:7
  • Switzerland 20:9
  • Germany 30:10
  • US Tech 100:11
  • Spain 35:14
  • UK 100:16
  • France 40:22
  • Hong Kong 50:27
  • Australia 200:35
  • EU Stocks 50:35
  • US 500:43
  • Greece 20:70
  • USDX:104
  • Netherlands 25:205
  • Poland20:296
  • Japan 225:457
  • Singapore Blue Chip:531

コモディティ商品一覧表

小麦やとうもろこしなどの商品CFD一覧表です。

  • US Coffee:8
  • US Soybeans:26
  • US Cocoa:40
  • US Wheat:45
  • US Cotton:65
  • US Sugar:74

エネルギー一覧表

天然ガスなどの商品CFD一覧表です。

  • Brent:51
  • Natural Gas Futures:47
  • London Gas Oil:82
  • WTI Oil:86
  • WTI Oil Mini:858

貴金属一覧表

プラチナなどの貴金属CFD一覧表です。

  • Palladium:5
  • Platinum:14
  • High Grade Copper:18

まとめ

XM(XMtrading)ロイヤルティプログラムの中でもCFD銘柄に焦点を当てました。

そもそもXMロイヤルティプログラムとは取引量によってXMP(ポイント)がもらえる制度です。

ステータスのランク4種類とXMPが付与されないケースを紹介しました。

記事内で説明した通り、CFD銘柄もFX通貨ペアと同様にXMPが獲得できますが、2つの点で異なります。

  • ステータスランクは適用されない
  • XMP(ポイント)はCFD銘柄によって変わる

「思ったよりもXMPが少ない」と感じるのは、FX通貨ペアと同じポイント数計算をしてしまっているからかもしれません。

XMロイヤルティプログラムはCFD銘柄でも自動的にXMPを付与してくれるので、ぜひ有効活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました