XMのインベスターパスワードとは?便利な使い道と設定方法 

上級者向け

XM(XMtrading)でトレードしている皆さん、「インベスターパスワード」を知っていますか?

いつも使っているMT4・MT5用ログインパスワードとは違います。

データ分析を効率化したり、インジケーターの実績を公開したりするために必要なパスワードです。

この記事では「インベスターパスワード」の使い道や設定方法を紹介します。

一流FXトレーダーになりたいなら、知っておいて損はない情報ですよ。

「インベスターパスワード」とは?

「インベスターパスワード」とはFX取引情報を読み取る専用のパスワードです。

英語では「Investor’s Password」・「Read Only Password」と言います。

直訳すると「投資家パスワード」という意味で、日本語では「読み取り専用」・「閲覧専用」とも呼ばれます。

FX口座は多額な資金を入れているので、外部サービスと連携する際はセキュリティが心配ですよね。

でも情報は連携したい、そんなときに使えるのが「インベスターパスワード」です。

「インベスターパスワード」でログインしても第三者は取引操作が一切できません。

新規注文などの操作ボタンや設定メニューが非表示になるためです。

国内FX業者ではほぼ使われない機能ですが、XM(XMtrading)では作成可能です。

ちなみにトレードなどの取引ができる、普段使っているパスワードは「マスターパスワード」と言います。

「インベスターパスワード」と「マスターパスワード」は別のものです。

「マスターパスワード」の取り扱いには注意していると思いますが、「インベスターパスワード」も同様に重要なものです。

「インベスターパスワード」では勝手に取引されないとは言え、むやみに教えないほうがよいでしょう。

「インベスターパスワード」の使い道

「インベスターパスワード」を発行すると外部サービスと連携できるため便利です。

「それで、具体的にはどう使うの?」と思った方もいるでしょう。

ここでは「インベスターパスワード」の主な使い道を説明します。

使い道①Myfxbookと連携

「インベスターパスワード」があれば「Myfxbook(マイFXブック)」と連携できます。

「Myfxbook」はFX取引情報の分析や公開ができる無料の外部サービスです。

MT4またはMT5口座と連携すると、成長率や損益・ドローダウンなどのデータを自動収集(トラッキング)し、ポートフォリオを作成します。

FXで成功するにはトレード内容を分析・検証がとても大切なので、ぜひ活用しましょう。

他にも、他のトレーダーの手法を見たり、自分のトレードスタイルを評価してもらえます。

独学でFXを進めていると不安や心配も出てくるでしょうから、相談できるのは助かりますよね。

無料のスマホアプリもリリースされているので、スキマ時間や外出先でも確認できます。

「Myfxbook(マイFXブック)」との連携の仕方は以下のとおりです。

  1. 「Myfxbook(マイFXブック)」にアクセス
  2. 日本語表記に変更(任意)
  3. 「クイックサインアップ」からアカウントを作成、メール認証
  4. ログイン後「ポートフォリオ」→「アカウント作成」をクリック
  5. 「MetaTrader4 (Auto Update)」を選択
  6. アカウント名・ブローカー・サーバー・口座番号・インベスターパスワードを入力
  7. 「Create Account」をクリック

アカウントが追加されたらデータ公開範囲などを設定します。

一度連携してしまえば手動での対応はありませんので、データの分析をぐんと効率化できます。

ちなみに「Myfxbook(マイFXブック)」経由で公開URLが発行されるため、TwitterやFacebookにもシェアできます。

トレーダー仲間に自分の取引データを見てもらいたいときには重宝するはずです。

「Myfxbook(マイFXブック)」での振り返りとXMの最大レバレッジ888倍を組み合わせれば、最短で勝ち組トレーダーへと変身できるでしょう。

使い道②MQL5コミュニティと連携

「インベスターパスワード」があれば「MQL5コミュニティ」と連携できます。

「MQL5コミュニティ」は海外のインジケーターやEA(自動売買プログラム)を公開しているサイトです。

基本的に一般トレーダーは「MQL5コミュニティ」と連携する必要はなく、開発者が連携します。

取引履歴を閲覧できるため、インジケーターやEA(自動売買プログラム)が本当に利益を出しているかを確認できるようになります。

トレード結果を「インベスターパスワード」で反映しているのなら、優秀なツール・自身のあるツールと言えるでしょう。

「インベスターパスワード」を発行する方法

XMでは「インベスターパスワード」を発行可能です。

MT4・MT5と外部ツールを連携できるため、第三者に情報を公開したいときは「インベスターパスワード」を設定しましょう。

2通りの方法を紹介します。

方法①XM会員ページにて設定する

XM会員ページにて「インベスターパスワード」を設定します。

  1. XM会員ページにログイン
  2. 「口座」→「パスワードの変更」をクリック
  3. 「パスワードリセット」→「読み取り専用パスワード」をクリック
  4. MT4・MT5パスワード(マスターパスワード)を入力
  5. 新しいインベスターパスワードを入力
  6. 「送信」をクリック

方法②MT4またはMT5にて設定する

MT4またはMT5にて「インベスターパスワード」を設定します。

(※XMの取引時間中のみ設定可能です。)

  1. MT4・MT5にログイン
  2. 「ツール」→「オプション」をクリック
  3. 「サーバー」→「パスワード変更」をクリック
  4. MT4・MT5パスワード(マスターパスワード)を入力
  5. 「パートナー(閲覧専用)パスワード」を選択し、新しいインベスターパスワードを入力
  6. 「OK」をクリック

念の為MT4・MT5のログを確認しておくのがおすすめです。

「操作ログ」タブをクリックして、「invester password chenged」と表示されていれば成功です。

注意点①パスワードの要件を満たす

「インベスターパスワード」を設定する際は以下の条件を満たす文字列を設定します。

  • 5文字以上
  • 大文字・小文字・数字の2種類以上組み合わせる
  • 使える文字はアルファベット・数字・特殊文字( # [ ] ( ) @ $ & * ! ? | , . ^ / \\ + _ -)

注意点②自分で管理する

「インベスターパスワード」はXMやMT4またはMT5上で管理していません。

つまり、自分が忘れてしまったり間違えて覚えてしまったりすると、再発行しなければいけなくなります。

覚えやすく、かつ他人が予想できない程度には複雑な文字列を選びましょう。

また、他人に知られない場所に保存しておくことも推奨します。

まとめ

XM(XMtrading)で発行できる「インベスターパスワード」についてまとめました。

MT4・MT5口座と外部サービス「Myfxbook(マイFXブック)」・「MQL5コミュニティ」などを連携するために必要なパスワードです。

取引履歴を共有できますが、第三者は閲覧のみ。

勝手に取引されたり設定変更されたりといったトラブルは防げます。

XM会員ページまたはMT4・MT5にて設定できます。

効率的にトレードの振り返りを行いたい方は「インベスターパスワード」を使いましょう。

分析・検証がスムーズになるため、FX成功へ近づけるはずです。

↓今回のおすすめ書籍↓(初心者~中級者向け)

コメント

タイトルとURLをコピーしました