【注文方法】OCO注文・IFD注文・IFO注文とは?XMで勝つために! 

中級者向け

XM(XMtrading)で利益を増やすには、MT4・MT5での注文方法の知識が必要です。

成行注文や指値・逆指値注文は知っているけど・・・。

OCOってよく耳にするけど、何だろう?

IFD注文とIFO注文の違いは?

今回はOCO注文・IFD注文・IFO注文の意味と注文方法について解説します。

3つの注文方法を使い分ければ勝率がぐんと上がりますので、ぜひ取り入れてみてください。

OCO注文とは?

「OCO(オーシーオー)注文」とはFXの応用的な注文方法です。

「One Cancels the Other(order)」の略称で、英語の通り2つの注文のうち1つの注文が成立したら、もう一方をキャンセルするという方法です。

一般的には新規エントリーと決済のタイミングで利用できるのですが、MT4またはMT5では決済注文時のみ設定可能です。

具体的には、MT4またはMT5にて保有中のポジションに決済指値と決済逆指値を追加します。

同じ通貨ペアで、注文数量も同じ必要があります。

この「OCO(オーシーオー)注文」により、利益確定とともに損失防止につながります。

例えば100円の時点で、「101円になったら売り(利益確定)」・「99円になったら買い(損切り)」の注文を出します。

レートの動きによってどちらかの注文が成立したら、どちらかの注文がキャンセルされます。

OCO注文が向いているシーン

「OCO(オーシーオー)注文」の概要を読んで、

「損切りは重要だけど、上限(利益確定)も必要なの?」

と思った方もいるかもしれません。

しかし、FXは売らないと利益になりません。

「もっと上がるかも・・・。」

と思い続けてタイミングを逃したらもったいないですよね。

利益確定も指定することで、感情に左右されずに自動的に売り注文が出されます。

「OCO(オーシーオー)注文」はFX初心者や損切りが上手く出来ない人におすすめです。

OCO注文を行う方法

ではさっそくMT4での「OCO(オーシーオー)注文」を行ってみましょう。

手順①ポジション上で右クリック

ターミナル画面の取引タブにて、「OCO(オーシーオー)注文」したいポジションの上で右クリックします。

  • 新規注文
  • 決済注文
  • 注文変更または取消

の表示がされるので、「注文変更または取消」をクリックしてください。

ここで「決済注文」をクリックしてしまうと決済してしまうので注意です。

手順②価格を入力

オーダー(注文発注)画面が表示されます。

  • 決済逆指値(S/L):損切価格を設定
  • 決済指値(T/P):利益確定価格を設定

それぞれ価格を入力します。

手順③変更

「〇〇に変更する」ボタンが表示されます。

  • 買いポジションの場合は青色
  • 売りポジションの場合は赤色

「〇〇に変更する」ボタンをクリックすると、「OCO(オーシーオー)注文」が発注処理されます。

IFD注文とは?

「IFD(イフダン)注文」とは新規注文と決済注文を出せる注文方法です。

「イフダン」の読み方が一般的ですが、そのままアルファベットで「アイエフディー」とも呼ばれます。

if〇〇(もしも〇〇だったら),done(実行)」という意味です。

例えば100円の時点で、「99円になったら買い」または「101円になったら売り」のどちらかを指定します。

IFD注文が向いているシーン

「IFD(イフダン)注文」はある程度想定ができる方向けです。

「価格は下がりそうだけど、また上がりそう・・・。」

と予想するなら、「IFD(イフダン)注文」の出番です。

価格に応じて自動で動くため、チャートに張り付かなくていいのが助かります。

新規注文から決済までまとめて注文できる一方、決済方法はひとつしか選べません。

相場が思惑と反対に動いた場合(損切り)は手動で行いましょう。

「IFD(イフダン)注文」は利益確定または損切りどちらかを行ってくれます。

IFD注文を行う方法

ではMT4での「IFD(イフダン)注文」を行ってみましょう。

手順①新規注文

「新規注文」をクリックし、オーダー(注文発注)画面を表示させます。

F9ボタンをクリックするか、チャート上で右クリック→注文発注→新規注文でも可能です。

手順②詳細を入力

  • 通貨ペア:取引したい通貨ペアになっているか確認
  • 数量:ロット数
  • 決済逆指値(S/L)または決済指値(T/P):どちらかひとつを入力
  • 注文種別:「指値注文」を入力
  • 指値注文種別:「Buy Limit」または「Sell Limit」を選択
  • 価格:価格を入力

手順③発注

「発注」ボタンをクリックします。

以上で、「IFD(イフダン)注文」は完了です。

IFO注文とは?

「IFO(アイエフオー)注文」は「OCO(オーシーオー)注文」と「IFD(イフダン)注文」が合体した注文方法です。

FX業者によっては「IFDOCO(イフダンオーシーオー)注文」とも言います。

簡単に言うと、「もし〇〇円になったら新規で買い、〇〇円まで上がったら決済・〇〇円まで下がったら損切りする」という条件分岐ができます。

利益確定も損失防止も可能なので、トレーダーとして稼ぐためにはぜひ覚えておきたい自動注文です。

例えば100円の時点で、「99円になったら買い」そして「101円になったら売り」両方のパターンを設定できます。

IFO注文が向いているシーン

「IFO(アイエフオー)注文」はFXに参加するトレーダーの多くが活用しています。

中でも、

「価格は下がりそうだけど、そのあと上がるか下がるか予測できないな・・・。」

「平日の昼間は長時間チャートを見れない・・・。」

という場面で活躍します。

「IFO(アイエフオー)注文」は「OCO(オーシーオー)注文」と「IFD(イフダン)注文」が同時にできます。

つまり、利益確定も損切りもはじめに設定してしまうので、資産運用計画が立てやすい大きなメリットがあります。

「IFO(アイエフオー)注文」なら、どんな状況でも、FXで勝つための条件(=感情を押し殺して機械的に処理)を満たせます。

IFO注文を行う方法

ではMT4での「IFO(アイエフオー)注文」を行ってみましょう。

「IFD(イフダン)注文」のやり方とほぼ同じです。

利益確定ライン(決済指値)と損切りライン(決済逆指値)の両方を設定することで「IFO(アイエフオー)注文」になります。

手順①新規注文

「新規注文」をクリックし、オーダー(注文発注)画面を表示させます。

F9ボタンをクリックするか、チャート上で右クリック→注文発注→新規注文でも可能です。

手順②詳細を入力

  • 通貨ペア:取引したい通貨ペアになっているか確認
  • 数量:ロット数
  • 決済逆指値(S/L)と決済指値(T/P):両方を入力
  • 注文種別:「指値注文」を入力
  • 指値注文種別:「Buy Limit」または「Sell Limit」を選択
  • 価格:価格を入力

手順③発注

「発注」ボタンをクリックします。

以上で、「IFO(アイエフオー)注文」は完了です。

まとめ

XM(XMtrading)でトレードするなら、注文方法を理解しましょう。

  • OCO(オーシーオー)注文:2つの注文を発注し、1つが成立したら残りはキャンセル
  • IFD(イフダン)注文:新規注文と1通りの決済注文を出せる
  • IFO(アイエフオー)注文:新規注文と2通りの決済注文を出せ、1つが成立したら残りはキャンセル

この3つの注文方法覚えておくと、トレードがかなり有利に進みます。

特に仕事や家事で時間が確保できない方・損切りで悩んでしまう方にはおすすめです。

FXでの勝率にこだわるなら、注文方法をしっかり覚えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました