XMは金融庁から警告を受けているのは事実!でも違法ではない!理由や安全対策 

未分類

「XMは金融庁から警告を受けています。」こんな話を聞くと、「大丈夫なの?」と不安を感じますよね。

しかし安心してください。

確かにXM(XMtrading)は警告を受けていますが「警告=違法」ではありません。

今回はXMは違法ではないことに関しての解説をします。

XMが安全な理由を確認し、心おきなく取引をしましょう。

XM利用は違法なのか? 

XMは平成24年に日本の金融庁から無登録業者として警告を受けています。

無登録業者で運営をしているのは理由があり後で詳しく解説をしますが、XMがそれを放置しているのは問題がないからです。

日本国内で金融商品取引業務を営み営業をする場合は、日本の金融庁の認可が必要です。

認可を取らず営業を行えば罰則対象に該当します。

無登録業者であっても、日本の居住者に対し勧誘を行わなければ違法行為に該当しません。

つまり、XMが勧誘やそれに類似する行為により取引者を増やせば問題ですが、それ以外の方法で口座を開設し注文を受ける場合はOKです。

日本の居住者が自らホームページに行き、口座を開設して取引をすることは違法ではないので安心をしてください。

なぜ金融庁は警告をするのか?

XMを始めとする海外FX業者だけでなく、海外バイナリーオプション業者も警告は受けるようです。

日本の金融庁は海外業者を見つけては警告を繰り返していて、警告を受けていない業者を探す方が大変なほどです。

ではなぜ海外業者に日本の金融庁は警告をするのでしょうか?

その理由はこの2つと推測できます。

  • 日本居住者の投資資金が海外に流れるのを阻止するため
  • 過去、海外業者によるトラブルが横行したため

詳しく見ていきましょう。

日本居住者の投資資金が海外に流れるのを阻止するため

投資によりお金が海外に流れることを日本の金融庁は嫌います。

もちろん輸入業者で物を取得するためにお金が流れるのは、得るものもあることから問題はありません。

しかし投資で負けるとお金だけが流れていきます。

日本国内でお金を回すことで経済を発展させたいのに、意味なく海外に資金が流れればその願いも叶いません。

だからユーザーが海外業者を選ばないよう、”危険”というイメージを植え付けているのでしょう。

過去、海外業者によるトラブルが横行したため

数年前、海外業者を利用したトラブルが続出しました。

それが出金トラブルです。

FXなどで利益を上げたにも関わらず、出金できず連絡が取れなくなります。

被害に遭った方が取る行動は、消費者センターへの相談ですよね。

ですが正直、消費者センターに相談しても、海外業者を相手にとれる策などありません。

それに納得をせず騒ぎ立てる人もいることでしょう。

しかし、「金融庁に無登録の業者で取引をしたあなたも悪い」と言われればどうでしょうか

諦めるしかありません。

海外業者をかたっぱしから警告しておけば、利用者が減少し、さらには消費者センター側の対応もしやすくなるといった推測ができます。

「XM取引は違法」と騒ぐ人には裏がある

XMを悪く言うサイトやSNSでの口コミをよく見かけますよね。

読者に「違法だ」「詐欺だ」「出金できない」といったマイナスのイメージを持たせます。

そのサイトや口コミを詳しく確認してみましょう。

国内FX業者に誘うアフィリエイトサイトではないでしょうか?

海外FX業者ではなく、国内業者をすすめるため警告を違法のように解説します。

これにより勘違いをする人もいて、「やっぱり国内のほうが安心だ」と思い、国内業者で口座を開設しようとします。

その結果、サイト運営者や口コミに報酬が発生する仕組みなんです。

ネット上でXMが批判されているときはその裏に何かあるかもしれない、と頭に入れておくといいですね。

XMはなぜ未登録のままなのか?

近年、FXはだいぶ始めやすくなりました。

そのため、あまり勉強をせず始め、資金を溶かし債務整理を余儀なくさせる人が後を絶ちません。

これにより、金融庁は規制を定めました。

XMが未登録のままでいるのは、日本の金融庁が掲げる条件をクリアしないと認可されないからです。

海外業者は金融庁が掲示する次の条件を受け入れたくはありません。

  • レバレッジは25倍まで
  • ゼロカットシステムの禁止

日本の認可を受けるには、海外FX業者の魅力である高レバレッジを放棄しなければいけません。

日本が認めるのは25倍まで、さらにゼロカットシステムは禁止です。

では、海外業者がこれらを受け入れ日本の金融庁で認可を受けたらどうでしょう?

日本人は国内業者を利用することでしょう。

同じ条件なら、わざわざ海外業者を利用する人は滅多にいません。

そうなれば、日本市場における利益はなくなります。

XMが未登録のままにするのは、しっかりとした理由があるんですね。

XMが警告を受けていても安全な理由

XMは海外業者の中でも安心で安全な業者に分類されます。

ここではその理由を3つ集めました。

利用しても大丈夫な業者と思える内容ばかりです。

金融ライセンス取得済

FX業者の認可をしているのは、日本の金融庁だけではありません。

各国でライセンスの取得ができます。

さらに言えば日本の金融庁と同等の、厳しい条件をクリアしなければ得られないライセンスもあります。

XMはセーシェル金融庁のライセンスを取得済です。

資金管理の徹底

金融ライセンスの取得をするには、資金管理方法に条件を付けているのが一般的です。

その条件として提示されている方法が「分別管理」、万が一破綻をしてもトレーダーの資金は守られています。

万が一XMが破綻すれば、債権者にお金を返済しなければいけません。

心配なのは、その返済にトレーダーの資金が利用されることです。

しかし分別管理なら返済に利用される心配はありません。

さらに、保険会社にも加入しています。

XMの場合は100万ドルまでは保証されているので安心してください。

出金トラブルが少ない

XMでの出金トラブルの口コミはほとんどありません。

まれに「出金ができない」と漏らす人もいますが、おそらく禁止される取引をしたのではないでしょうか。

例えば別口座による両建てが確認できたら出金できません。

「出金できない」と騒ぐのは自分が間違えた手続きをしていたせいだと考えられます。

禁止事項に抵触がない限り、出金ができないことはないので安心をしてください。

感情や愚痴をいきなりSNSにのせることができる昨今、未確認の状況を簡単にのせるのは注意をしたいものです。

XMで脱税するのは違法

XM自体は違法ではないのですが、もちろん脱税は違法です。

これはFXに限ったことではありません。

条件を超える収入を得た人は、必ず確定申告をしなければいけないのが日本のルールです。

必ず確定申告をしましょう。

また、日本の業者の運営を守るため、税に関しても国内業者を利用する方が優遇されています。

海外業者に切り替えた人は、国内業者と同じ項目で確定申告を行うと脱税を疑われるかもしれないので注意をしてください。

海外業者だから確定申告をしなくてもバレないと考えるのは論外です。

XMで得た利益はしっかりと納税しましょう。

まとめ

XM(XMtrading)は優良業者です。

日本の金融庁から警告を受けているものの、トレードは違法ではありません。

XMが安全・安心な理由は主に3つ。

  • 金融ライセンス取得済
  • 資金管理の徹底
  • 出金トラブルが少ない

「警告」や「違法」などの言葉に惑わされず、確かな情報を得るようにしましょう。

その上で国内と海外、どちらの業者がいいかを検討してください。

海外の利用を決めたのならばXMがおすすめです。
↓今回のおすすめ書籍↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました