【サクッと取引】XMの「ウェブトレーダー」とは?特徴・使い方

上級者向け

MT4をインストールしたら、パソコンの動作がもっさりしてきた・・・。

Mac版MT4の日本語表示がおかしい・・・。

スマホアプリじゃ物足りないけど、パソコンは持ち歩かない・・・。

XM(XMtrading)では「ウェブトレーダー(WebTrader)」が利用できます。

ブラウザ版のMT4・MT5で、パソコンの容量を気にする方や外出先でチャートを見たい方におすすめのプラットフォームです。

今回は「ウェブトレーダー(WebTrader)」のメリット・デメリットや使い方を紹介します。

XMのウェブトレーダー(WebTrader)とは?

XMの「ウェブトレーダー(WebTrader)」は、ウェブブラウザ上で取引(トレード)できるプラットフォームを指します。

MT4・MT5をパソコンにインストールして使うケースが主流なので、初めて聞いたという方もいるかもしれません。

では「ウェブトレーダー(WebTrader)」の特徴や向いているトレーダーを紹介します。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のメリット

「ウェブトレーダー(WebTrader)」の最大のメリットとしては、手軽さが挙げられます。

Internet ExplorerやGoogle Chromeがあればすぐに取引可能なんです。

インストール版と同じように、

  • ワンクリック取引
  • 両建て解除(決済)
  • チャート作成
  • 入金

ができます。

デモ口座・リアル口座どちらでもOKです。

しかも、互換性があるため、インストール版で建てたポジションを「ウェブトレーダー(WebTrader)」にて決済、その逆も可能です!

使っているパソコンの容量やスペックの関係で、MT4・MT5をインストールすると動作が遅くなる方にとっては嬉しいですよね。

また、Macを使っている方・パソコンが苦手な方にもおすすめできます。

Mac版MT4・MT5は文字化けする場合があり、日本語修正するにはある程度知識やソフトが必要です。

「ウェブトレーダー(WebTrader)」はパソコンにインストールしなくてよいので、スペックや文字化けの心配がありません。

XMウェブトレーダー(WebTrader)のデメリット

「ウェブトレーダー(WebTrader)」は基本的な操作はインストール版と同じですが、一部機能に制限がかかっています

  • カスタムインジケーターが使えない
  • EA(自動売買システム)が使えない
  • 複数のチャートを表示できない

複数の通貨ペアを監視できず、その度にチャートを切り替えなければいけません。

(※「ウェブトレーダー(WebTrader)」を複数立ち上げ、同時表示は可能です。)

しかし、裁量トレードに必要十分な機能は使えます。

ネットカフェや職場・通勤中など外出先での取引に向いています。

スマホアプリ版よりもしっかり見たいけれど、自分のパソコンは手元にないといったシーンでは活躍するでしょう。

また、複数口座を持っている方は「ウェブトレーダー(WebTrader)」・インストール版・スマホアプリ版で同時に3口座へアクセスも可能です。

トレードスタイルやEAで使い分けている方には、「ウェブトレーダー(WebTrader)」はメリットが大きくデメリットは小さいと感じるはずです。

XMウェブトレーダー(WebTrader)へログインする方法

では実際にXMの「ウェブトレーダー(WebTrader)」を始めてみましょう。

最短1分でログインでき、とても簡単なので、一度試してみてください。

(※口座開設は完了している前提で進めます。まだの方は先に開設しましょう。)

手順①「プラットフォーム」をクリック

XMの公式ページへアクセスします。

画面上部の「プラットフォーム」→「MT4 WebTrader」または「MT5 WebTrader」をクリックします。

MT4・MT5どちらか口座開設したほうを選んでください。

手順②「MT4 WEBTRADERへアクセス」をクリック

赤いボタンの「MT4 WEBTRADERへアクセス」をクリックします。

手順③ログイン

「口座に接続する」というウインドウが表示されます。

  • ログインを入力:ログインID(XMの口座番号)を入力
  • パスワード:口座開設時に設定したパスワードを入力
  • サーバー:口座開設のサーバー番号を入力

「ログイン」をクリックすると、接続が開始されます。

以上で「ウェブトレーダー(WebTrader)」へのログインが完了です。

インストール版と同様に取引を行ってください。

XMウェブトレーダー(WebTrader)にログインできない場合

XMの「ウェブトレーダー(WebTrader)」で取引を始めたくても、ログインが失敗してしまうケースがあります

まずは、MT4口座でMT5プラットフォーム(もしくはMT5口座でMT4プラットフォーム)を選んでいないか確認しましょう。

解決しない場合は以下の対処方法を試してください。

口座番号やサーバー番号を忘れた

口座番号やサーバー番号を忘れてしまったら、口座開設時にXMから受信したメールをチェックしてください。

「XMtradingへようこそ」というタイトルのメールの本文に記載されています。

パスワードを忘れた

パスワードを忘れた場合はリセットを行ないます。

XM公式ページのログイン画面下にある「パスワードをお忘れですか?」をクリックします。

MT4/MT5 ID(口座番号)とEメールアドレスを入力したら「送信」ボタンをクリックします。

メール内のリンクをクリックして、パスワードの再設定を行ってください。

どうしても原因が分からない

もし口座番号・サーバー番号・パスワードが合っているはずなのにログインできない場合は、XMのサポートデスクに連絡しましょう。

平日なら24時間、日本語対応しています。

XMウェブトレーダー(WebTrader)を設定する方法

XMの「ウェブトレーダー(WebTrader)」にログインしたら、取引準備に取り掛かりましょう。

インストール版と同様に、いくつか設定を変更したほうが使い勝手が良くなります。

以下を参考に、自分好みのチャートを作ってみてください。

手順①取引したい通貨ペアを表示

気配値表示欄の通貨ペアを右クリック→「通貨ペア」をクリックします。

任意の通貨ペア(ドル円など)を探し、「表示」をクリックするとチャートが切り替わります。

通貨ペア名をチャート上にドラッグ&ドロップでも切り替えできます。

手順②色を変更

上部メニューバーの「チャート」→「プロパティ」をクリックします。

(チャート右クリックでも可能)

  • 背景色
  • 前景色
  • 上昇ロウソク足
  • 下降ロウソク足
  • 上昇バー
  • 下降バー

などを好きな色に変更できます。

手順③「ワンクリックパネル」を表示

「ワンクリックパネル(ワンクリック取引ボタン)」があれば、サクッと注文できます。

チャート上で右クリック→「ワンクリック表示」をクリックすると表示されます。

売り(ショート)の場合は「SELL」を、買い(ロング)の場合は「BUY」をクリックします。

初回の取引では利用規約が表示されるので、チェックを入れて「YES」をクリックしましょう。

まとめ

XM(XMtrading)でサクッと取引したい、それなら「ウェブトレーダー(WebTrader)」がイチオシです。

パソコンにインストールしなくてもよいため、容量や文字化けを気にする必要がありません。

機能は一部制限されていますが、通常の取引では問題ない程度です。

「ウェブトレーダー(WebTrader)」を活用し、チャンスを逃さないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました