【XM】無料VPSを解約する方法!おすすめサービスへ切り替えよう 

中級者向け

海外FX業者・XM(XMtrading)では無料でVPSサービスが使えます。

「とりあえずXMの無料VPSに申し込んでみたけど、イマイチかも・・・。」

そう思ったなら、XMのVPSを解約して他の業者へ切り替えてみてはいかがでしょうか?

この記事ではXMのVPSに関する評判や解約方法を紹介します。

また、おすすめVPSサービスの特徴も合わせて載せたので、切り替えを検討してください。

XMのVPSが無料だからと言って、必ずしも使わなきゃいけない理由はないはずです。

そもそもVPSとは?

「VPS」は「Virtual Private Server」の略で、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」という意味です。

簡単に言うと、ネット上のパソコンが借りられるサービスです。

外部サーバーにもう1台パソコンを立ち上げるので、自分のパソコン(またはスマホ)上からMT4などを動かすことができます。

「VPS」はMT4・MT5の自動売買(EA)を稼働させるには欠かせないサービスです。

XMのVPSサービスを利用するには

XMでは条件を満たせばVPSサービスを無料で使えます。

  • 一ヶ月に5Lot(50万通貨)以上のトレード
  • 口座残高が60万円(5,000ドル)以上

VPSは基本的に有料サービスなので、お金をかけずに利用できるのは嬉しいですよね。

XMでVPSを申し込む方法は以下の通りです。

  1. XM公式サイトにアクセスし、会員ページにログイン
  2. メニューより「口座」→「VPS」→「VPSをリクエストする」をクリック
  3. Beeks FX社からメール(英文)が届く

メールの添付ファイルをダウンロードすればすぐにスタートできます。

XMのVPSサービスは評判が悪い?

残念ながら、XMのVPSサービスはあまり使い勝手がよくありません。

3つの評判から分かる特徴を見てみましょう。

評判①無料条件が厳しい

VPSサービスは基本的に有料のサービスです。

誰でも無料で使えるわけではありません。

  • 一ヶ月に5Lot(50万通貨)以上のトレード
  • 口座残高が60万円(5,000ドル)以上

この条件は初心者にはちょっと厳しいですよね。

この2点をクリアできるのは経験・実績・資金を持っている方と言えます。

そして条件をクリアできない場合は月額28ドルの利用料金が発生してしまいます。

「無料と思っていたら請求されてた・・・。」「いつの間にか口座引き落としになっていた・・・。」なんてこともよくあります。

自分が本当にXMのVPSを無料で使えるのか、しっかり確認しましょう。

評判②自動売買・スキャルピング向け

VPSは常にMT4を稼働させておきたい人に向いています。

  • EA(自動売買プログラム)を24時間動かしたい
  • スキャルピングのために少しでも通信速度・約定力を上げたい

と考えるなら便利なサービスでしょう。

しかし、XMのVPSはスペックがそれほど高くなく、しかもプラン変更ができません

そのためXMのVPSのせいでチャンスを逃してしまったり、スペック不足を感じたりする人もいます。

評判③日本語サポートがない

XMからVPSサービスが使えると言っても、実質運営しているのはBeeks FXという会社です。

そのため、XMサポートのように手厚い日本語対応サービスはありません。

万が一トラブルが発生しても、提供元のBeeks FXに直接英語でお問合せしなければいけません

XMのVPSサービスはあくまで別会社、XMのサポート対象外です。

VPSを初めて使う人にとってはちょっとハードルが高いと感じるかもしれません。

XMのVPSを解約する方法

XMのVPSは1ヶ月ごとの契約で、自動的に利用継続扱いになります。

XMのVPSサービスの利用を辞めたいなら2つの方法があります。

方法①マイページから解約

XMのマイページから簡単に解約できます。

  1. XMマイページにアクセス
  2. 「口座」→「VPS」→「サービスを取り消す」をクリック
  3. Beeks社からの解約完了メールが届く

方法②口座残高28ドル未満

月末の時点でXMのVPS条件を満たしていない場合、有料になってしまいます。

自動的に口座から引き落とされるのですが、残高が28ドル未満だと強制解約になります。

分からないことがあればサポートへ

XMのVPS解約は難しいことはないと思いますが、困ったときはXサポートへ連絡しましょう。

  • メール:support@xmtrading.com
  • 日本語ライブチャット(週5日24時間)

おすすめVPSサービス3選!

XMのVPSサービスに不満があるようなら別の業者を使いましょう。

おすすめのVPSサービスを3つ紹介します。

XMのVPSから切り替え、よりよいトレードを行いましょう。

おすすめ①お名前.com

「お名前.com」は独自ドメインを取得する際に使っている方も多いと思います。

実はFX専用のVPSも運用しており、「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」というサービス名です。

「メモリ1.5GBプラン」なら月額1,230円からとリーズナブルです。

XMのVPSは28ドル(約3,000円)と比べれば半額以下ですね。

(※「メモリ2GBプラン」は月額1,630円から、「メモリ4GBプラン」は月額3,600円から。)

また、メールサポート・電話サポートは無料

しかも24時間365日対応なので、VPS初心者にも安心です。

コストパフォーマンスを考えるなら「お名前.com」がイチオシです。

おすすめ②ABLENET

「ABLENET(エイブルネット)」はVPSサービスの中では認知度が高いです。

レンタルサーバー・ホスティングサービスを運営して20年以上継続しているため、信頼されているのです。

価格は少し高めで、「Win1」プランなら月額1,250円(※キャンペーン中)。

「Win2」プランは月額1,650円、「Win3」プランは月額4,362円です。

合計9プランを用意しており、予算や用途に合わせて選べるのが特徴です。

最大10日間のお試し期間が用意されているので、まずは使ってみてはいかがでしょうか?

「ABLENET(エイブルネット)」なら自分のトレードスタイルにVPSは必要なのか、しっかり考えることができます。

おすすめ③使えるねっと

「使えるねっと」はスペックが高いと人気のサービスです。

マシンパワーを使うEA(自動売買プログラム)や複数のMT4を起動したい人にはうってつけです。

FX専用VPSのため、MT4が安定して稼働し続けます。

また、専属技術スタッフが監視しているのでトラブルの対応も早い!

「シルバー」プランなら初期費用2,000円、月額2,980円。

「ゴールド」プランは月額5,880円、「プラチナ」プランは月額7,880円です。

他のVPSサービスより割高ですが、それでも支持されているのはサーバーの安定感でしょう。

コストよりも安定を重視するなら「使えるねっと」を選びましょう。

まとめ

海外FX業者・XM(XMtrading)のVPSサービスは無料で利用可能。

でも、評判はあまりよくありません。

条件が厳しい・EAやスキャルピング向け・日本語サポートが受けられないといったデメリットが目立つようです。

不満を感じるなら、一旦解約しましょう。

そして以下のおすすめVPSサービスに切り替えてみてはいかがでしょうか?

  • おすすめ①お名前.com
  • おすすめ②ABLENET
  • おすすめ③使えるねっと

XMの無料VPSサービスよりも使い勝手がよく、トレード成功へ近づけるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました