PC版・スマホ版MT4で注文・変更・決済する方法

初心者向け

XM(XMtrading)の口座開設が完了したら、さっそくトレードしましょう。

今回はMT4を使った注文方法を紹介します。

MT4の使い方が知りたい!

注文から決済までの流れをつかみたい。

パソコンとスマホは同じやり方なの?

そう思っている方のために、手順を分かりやすく解説します。

便利な「ワンクリック注文」の方法も伝えるので、ぜひ活用してください。

パソコン版MT4で新規注文する方法

パソコン画面でのMT4操作方法を解説します。

XMを利用している場合、MT4を公式サイトよりインストールできます。

(※口座有効化・ログインが終わっている前提で進めます。)

手順①通貨ペアを表示させる

MT4の初期設定では、表示される通貨ペア(銘柄)が限られています。

まずは取引したい通貨ペアを表示しましょう。

  • 「気配値表示」上で右クリック→「すべて表示」をクリックする
  • 通貨ペア上で右クリック→「チャート表示」をクリックする

他にも、

  • 気配値表示ウインドウからドラッグ&ドロップ
  • メニュー「ファイル」→「新規チャート」をクリックする
  • 左上の「+」アイコンをクリックする

といった方法もあります。

手順②「新規注文」をクリックする

メニューの「新規注文」をクリックします。

また、チャート上で右クリック→「注文発注」→「新規注文」でもOKです。

手順③詳細を入力する

「オーダーの発注」という画面が表示されます。

  • 通貨ペア
  • 数量

を入力します。

なお、XMの口座タイプによって数量(LOT数)の単位が異なります。

  • スタンダード口座:1LOT=10,000通貨
  • マイクロ口座:1LOT=10,00通貨
  • ゼロ(ZERO)口座:1LOT=10,000通貨

手順④注文種別を選択する

注文種別には2種類あります。

  • 成行注文:現在の価格ですぐに注文する
  • 指値または逆指値注文:指定した価格で注文する

「成行注文」の場合はそのまま次の手順に進みます。

「指値または逆指値注文」の場合は、

  • Buy Limit(指値買い): 価格が下落したら買う
  • Sell Limit(指値売り): 価格が上昇したら売る
  • Buy Stop(逆指値買い):価格が上昇したら買う
  • Sell Stop(逆指値売り):価格が下落したら売る

から選択します。

以下の流れで指定していきます。

  1. 注文種別を選択する
  2. 価格を入力する
  3. 有効期限を設定する(任意)

手順⑤注文する

「成行注文」の場合は、

  • 成行売り
  • 成行買い

のどちらかをクリックするだけで注文完了です。

「指値または逆指値注文」の場合は、「発注」をクリックします。

指定した条件になれば、自動的に注文されます。

手順⑥変更する(任意)

この時点で、注文の変更や削除もできます。

  1. 「ターミナル」→「取引」タブを開く
  2. 「数量」をダブルクリックする

「オーダーの発注」画面が表示されるので、

  • 決済逆指値(S/L)
  • 決済指値(T/P)

の値を入力しましょう。

入力が終わったら「注文の変更」をクリックします。

キャンセルする場合は「注文の取消」をクリックします。

手順⑦決済する

決済はMT4画面下から行えます。

  1. 「ターミナル」→「取引」タブを開く
  2. 決済したいポジションの右横「☓」をクリックする

初回は注意事項が表示されるので、同意しましょう。

「ワンクリック注文」を行う方法

成行注文や決済をする際に便利なのが、「ワンクリック注文」です。

「ワンクリックトレーディング」とも呼ばれます。

その名の通り、チャート上でスムーズに処理できます。

チャンスを逃したくない方は、ぜひやり方を覚えましょう。

手順①設定を変更する

まずは「ワンクリックパネル」を表示させるために設定を変えます。

  1. 「ツール」→「オプション」→「取引」をクリックする
  2. 「ワンクリック取引」にチェックを入れる
  3. 免責事項が表示されるので、規約同意にチェックを入れる
  4. 「OK」をクリックする

手順②「ワンクリックパネル」を表示する

「ワンクリックパネル」を表示できるようになったので、以下の好きな方法で表示させます。

  • パソコンのキーボードで「Alt」+「T」をクリックする
  • チャートの左上「▽」をクリックする
  • チャート上で右クリック→「ワンクリックトレード」をクリックする

手順③新規注文をする

「ワンクリックパネル」が表示されます。

  • 上部:数量
  • 左側「SELL」:売り
  • 右側「BUY」:買い

をクリックします。

また、操作中に誤って注文してしまわないよう、普段は「ワンクリックパネル」を非表示にすることをおすすめします。

一歩間違えると大損になってしまいます。

手順④決済する

通常の決済方法と同じです。

  1. 「ターミナル」→「取引」タブを開く
  2. 決済したいポジションの右横「☓」をクリックする

一括決済する機能はありませんので、ひとつずつ行ないます。

スマホ版MT4で新規注文する方法

MT4はスマートフォン/タブレット端末でも注文できます。

こちらのほうがシンプルなので、初心者や移動中には向いています。

iOS・Androidで微妙に表示が異なりますが、大まかな流れは同じです。

まだアプリを持っていない方は以下よりインストールしてください。

・App Store

https://apps.apple.com/jp/app/metatrader-4-fx%E5%8F%96%E5%BC%95/id496212596

・Google Play

MetaTrader 4 FX取引 - Google Play のアプリ
スマートフォンやタブレットPCで外国為替証拠金取引(FX)をしよう! MetaTrader 4 (MT4) は、世界で最も人気のある外国為替証拠金取引(FX)の為のプラットフォームです。数百というブローカー会社と数千のサーバーを、Android版MetaTrader 4 (MT4) のアプリケーションを介した取引に利...

手順①通貨ペアを表示させる

気配値画面の上部「+」をタップし、希望の銘柄を追加しましょう。

手順②「トレード」をタップする

注文画面へアクセスします。

  1. 気配値画面で取引したい通貨ペアをタッチする
  2. 「新規注文」をタップする

手順③詳細を入力する

注文画面が表示されます。

注文数量は直接入力するか、「-0.1」「-0.01」「+0.01」「+0.1」と書かれたボタンをタップします。

また、あらかじめ利確(TP)と損切(SL)を設定することも可能です。

手順④注文種別を選択する

パソコン版と同じく、注文種別が分かれています。

  • 成行注文:現在の価格ですぐに注文する
  • 指値または逆指値注文:指定した価格で注文する

「成行注文」の場合はそのまま次の手順に進みます。

「指値または逆指値注文」の場合は、注文種別を選択し、価格を入力します。

  • Buy Limit(指値買い): 価格が下落したら買う
  • Sell Limit(指値売り): 価格が上昇したら売る
  • Buy Stop(逆指値買い):価格が上昇したら買う
  • Sell Stop(逆指値売り):価格が下落したら売る

手順⑤注文する

「発注」をタップします。 

手順⑥変更する(任意)

ポジションを持った状態でも、利確・損切を変更できます。

  1. トレード画面にて、ポジションを長押しする
  2. 「オーダー変更」をタップする
  3. 利確(TP)と損切(SL)を設定する
  4. 「変更」をタップする

手順⑦決済する

「トレード」タブをタップするとポジションが表示されます。

  1. 決済したいポジションを長押しする
  2. 「クローズ(オーダー)」をタップする

「指値または逆指値注文」の場合はMT4アプリを起動していなくても自動で行われます。

まとめ

XM(XMtrading)はMT4完全対応です。

パソコン版・スマホ/タブレット版があり、注文から決済まで簡単に行なえます。

パソコンでは、

  • 手順①通貨ペアを表示させる
  • 手順②「新規注文」をクリックする
  • 手順③詳細を入力する
  • 手順④注文種別を選択する
  • 手順⑤注文する
  • 手順⑥変更する(任意)
  • 手順⑦決済する

と進んでいきます。

瞬時に注文できる「ワンクリック注文」も使ってみてください。

FXで稼ぐなら、まずはMT4の使い方をしっかり覚えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました